英雄2。

んで、最近何をやってるかっていうと、
プライベートがいろいろと忙しくて(忙しすぎて)、何をやってるか、自分がどこにいるのか
明日何をやるのか、がよくわかっていない状態で日々が過ぎてます。
予定入れるだけ入れて、把握しきれなくて、その日暮らし状態。

ちょっと詰め込みすぎたかなー。
週末になると『睡眠時間が3日で10時間』みたいな、昭和のアイドル並みのハードな生活で
それでも、イライラしたり、悪態ついたり、体壊したりせずに
毎日を幸せに過ごせるのは、周りの人々に助けられているからだなーと痛感。
とにかく、ここ数年…いや、十数年でも群を抜いたフットワークの軽さで出歩いていて、
多分、ここ3週間ぐらいで、50人以上の人とご飯食べたり、お茶したり、飲みに行ったりしてる。
初めて会う人もごっそりいて、
世界が広がるっていうのはこういうことなんかなー。


アタクシの持論ですが、
人生って、幸せな時期と欝な時期が交互に繰り返しやってくるんですよ。
そのスパンは様々だけれど、
あーーー!もう!最近幸せ!!!っていう日々の後には必ず

まじつらい。つらいつらい。生きてる意味ってなんですか神様

みたいな時期が来るから、幸せな時も、後にくる欝な時期の事を想像して
あまり大きい落差にしたくないからって自制したりする傾向があるのね。

確かに今、とっても幸せなんだけど
その幸せのために、犠牲にしているものもいろいろあって、
だから、「運でつかんだ幸せ」じゃなくて「コツコツと積み重ねてやっと辿り着いた幸せ」
って感じで、あんまり先が怖くないのね。

ただ単純に、疲れきっているだけかもしれないが…

さー
来週から稽古開始です。


英雄。

4月が終わるどーーーーーーーーーーーーーーー。



いいかげんにしないとこのままでは1年なんてホントにあっという間だわ…
いいかげんに、っていうのは
「いいかげんにブログ書かないと」って意味ね。
人生的観点で言えば、日々、懸命に生きております。



ほんでね。
もう始まってるんだよー鈴木区次回公演のチケット発売が!

*******************************


劇団東京都鈴木区 第5回公演
『ヒーロー ア ゴーゴー!』
 脚本・演出 鈴木智晴





今回のお話はこんな!!
地球侵略をひそかに狙う“悪の秘密組織”「ショーキョック」から平和を守るべく、
日夜たたかう“正義の戦隊ヒーロー”「衝撃戦隊ゴーインジャー」…。
だがある日、ショーキョックの魔の手にかかりゴーインピンクが捕えられてしまった!!
悪の女幹部「ヤベーラ様」が不敵に笑う!!
その手に握られているのはピンクの命と…地球の滅亡…!?

どうする、どうなる、ゴーインジャー!!
今こそ正義のために、「レッツ、GO! イン!」!!

…というような内容のヒーローショーをこれからやろうとしている男たちの、
いたってしょうもないバックステージコメディ。
を、珍しく気合いの入った結成3周年記念公演として上演!!


おなじみのキャスト達が勢揃い!!
鈴木智晴、宮岡あづさ、戸田早奈美、桐山菜穂、長治佳子
山口征秀、長谷周作、箕輪聡ホーリーピーク
佐藤仁志、伊智生士冶ELEGY KING STORE、山口清裕、宝田直人オフィスT-PRO
山口智大B-Box、山田玲奈劇団鴉霞、重田実咲、森山靖子

超豪華声優陣が劇中ヒーローの声を担当!!
寺島拓篤アクセルワン
間島淳司アイムエンタープライズ
佐藤聡美青二プロダクション
川原慶久アクロス エンタテインメント
橋本まいホーリーピーク
福井信介(フリー)
 …他!!
※キャストは予告なく変更となる場合がございます。

ちょうどいい全8ステージ!!
2012年6月20日(水)〜24(日)
●シアターKASSAI[池袋] http://www.kassaikikaku.co.jp/
 20(水) 19:00
 21(木) 14:00/19:00
 22(金) 19:00
 23(土) 13:00/17:00
 24(日) 13:00/17:00
開場は開演の30分前、上演時間は1時間40分を予定しております。

チケットも据置き2,500円!! ※全席自由・日時指定
通常 2,500円
ペア 4,500円
●台本もいっしょチケット 3,500円(上演台本+おまけ付)
鈴木さん割引・・・「鈴木さん」に限りチケット代金より500円引き!!


5月12日(土)までにご予約を決めて下さった方には…?

劇中劇「『衝撃戦隊ゴーインジャーショー』ショー台本」を劇場にてプレゼント!



※ご注意事項
・1ステージ100席の公演となります。
・ペアチケットは、同じ回を二席ご予約で適用されます。回を分けてしまいますと適用されません。
・3名でご予約される場合は「ペアチケット1枚+通常チケット1枚」となります。
・「特典チケット(3,500円)」は、当日の上演台本が(とおまけ)付いてまいります。あらかじめ二部ご希望の方は、プラス1,000円でのご予約が可能です。ご予約の際、備考としてご明記くださいませ。
・ご予約をキャンセル・変更される場合、キャンセル料金などは発生いたしませんので、すみやかにご連絡をくださいませ!


*********************************

完全に公式ブログからのコピペですが、こんなんです。
まだアタクシも1回しか台本読んでないから(しかもパソコン画面で読んだから読みにくくて…)あまりよくわかってないですが、集まった連中はやたらオモロイ奴らなので、きっと楽しくなるよ!


鈴哲。

昨日はボス宅にて鍋りました。

最終的に、鈴木区の父ぐっさん・鈴木区の宇宙人戸田・鈴木区の音響かやちゃんが集合。

なんかねー。おもしかったねー。
ゲラゲラわいわいひゅーひゅー みたいな面白さじゃなくて
しみじみとね。
めっちゃ語ったね。


高校生のお泊り会か!!みたいな感じね。


夢とか、人生とか、自分のあるべき姿とか、理想と現実とか。
輪郭のない、ぼやーーーーーーっとした話を
時に哲学的に、時に自虐的に、そして時にユニークに、すんげー真面目に検証しちゃった!


ま、結局誰一人同じ考えの人なんていないってことで、
それが当然だって、今でこそ疑問なく思えるけどさ、
若い頃は、こういう話になると白熱した議論になっちゃってたんだよね。
でもさすがに、それぞれいろんな経験してきただけあって自分の考えを押し付けるっていうわけじゃなく、


最終的には、確認だったな。
自分という人の、確認。



こんなの鈴木区の集まりとは思えないや。
来週の次回公演決起集会は、全力でくだらない時間を過ごしてやる!


あ、鍋は絶品にうまかったっす。


探人。

素朴な疑問。



読んでる人いるのかな、このブログ…






飲過。

無事に終わったみたいですねー、スズキクキカク公演「ヘドラ」。
初舞台の人もいたり、昨年に引き続き出た人もいたり、
中には10年選手のベテランもいたけど、
どちらにしろ若者の集団で
どんな分野でもそうだと思うけどね、舞台も経験がモノを言うってとこは非常に大きいから
そういう意味で、様々な洗礼を受けたんじゃないかな!

この公演が、彼らの未来に少しでも役立てばいいなー、とボスをはじめとする鈴木区のおじさんおばさん達は願っています。


しかし、鈴木区の現場に行くと
アタクシは完全にボスよりもボス扱いなので
劇場で打ち上げしてる時なんかね、

座っているとビールが勝手に運ばれてきて
ビール飲んでると勝手につまみが用意されて
つまみ食べてると2杯目のビールが運ばれてきて

初めて見る人の目には「みんなを召使いのように従えているエラソーな人」っていうやな奴に見えるんじゃないかって心配になるんですが。


お手伝いに来てくれる若い人が増えれば増える程その感じが増していくわー。
一応主張しておくけれど、誰にも何も頼んだりしてないのよ。
でも、劇場の隅っこでじっと座っていると、


若者A「ほら、アヅサさんビール持ってない!持って行って!」
若者B「はい!」


みたいなやりとりを遠くでやってるのよね。気付いてるよ。
持ってこい、という意味で座っているんじゃなくて、一応さ、ほら、もう大人だし、若い人たちが好きな飲み物を全員取り終えた後に、余ってるやつをこっそり取りに行こうかな、と思って待ってただけなんだよ。
しかし、そんな思いとは裏腹に


「先輩が待ってんのに誰も飲み物持ってこねーじゃねーか」


的になってしまっているよね。
これは、決して人望なんかではなく、きっと恐怖がそうさせているのよね。自覚自覚。
アタクシ、そんな怖い人じゃないよ。
むしろ「超」の付く小心者です。


キャストのみんな!スタッフのみなさん!そしてボス!
お疲れ様でした!!



さーて、次は自分の番だな。
6月なんてまだまだと思っていたけれど、きっとあっという間だこりゃ。


若熱。

スズキクキカク公演「ヘッドライン デッドライン ダッシュ」(略してヘドラ)、
初日だったので、劇場へ遊びに行ってきました。

前回公演のバイロン以来、久々に会う鈴木区メンバーも遊びに来ていて
相変わらずアホなテンションでワイワイやるおじさんおばさんを
特異な目で見る今回の若い出演者たち(笑)。
うるさい大人でごめんよー!
鈴木区は、演劇人仲間の中でもちょっと特殊なメンツの集まりで
非常に独特な雰囲気とノリがあるので
(多分、他のメンバーもそうだと思うけど)ちょっとした特別感があります。
この現場でしか通じない事が多いから、たまに集まるとはしゃげるだけはしゃいでしまう。

メンバー全員が口を揃えて言うのは

「鈴木区に客演として来たくない!」

きっと外から来るとそ、の独特の不思議なノリには加われないと思う。
(加わりたくないと思う)
あとほら、みんな、小心者だし。

そうです。
小心者の集まりなんですね。へへ。

みんなに会ったら、早く稽古がしたくなってきたなー。
アタクシが出演する公演は6月末ですよ、みなさん予定空けておいてね。


で、肝心のヘドラですが、
脚本自体、凄く荒削りな作品なんです。
それは、ボス鈴木が、演劇経験の少ない若い人のパワーと勢いを込めたい、
と、あえて荒削りにしたんじゃないかなー
とアタクシは思っているんです。
そういう意味では、逆に台本の粗さが目立ってしまう、ちょっと若いパワーの足りない出来だったなー。
みんな、凄くマジメ。凄く大人しい。
若かりし頃、自分達も通って来た道だし、芝居を続けていると、同じような若者と出会う機会もたくさんあったから、分からなくもないんだけどね。
アタクシも若いころはホントにマジメだったけど、それとも何か違う感じがしました。
もっと「打ち上げてやる!」っていう感じが欲しかったなー。
それが出来るはずの座組みだから、尚更もったいなかったな。
自分もそうだけれど、万人を納得させられる技術なんて持ち合わせていないんだから、自分たちの「思い」みたいなもんを発射していかないとだよね。
まだ今日明日が残っているので、千秋楽にどんな感じに変わっているか、楽しみ。

あと、終演後のビールも楽しみ。
(↑出ていないくせに打ち上げに行く気)

という具合で、スタッフさんを交えて、出演してない連中と飲みに行ったら
珍しく、芝居の話でかなり盛り上がりました。
自分たちの公演の時は、絶対そんな話しないくせに(笑)。


帝国。

大学時代の悪友の結婚式@帝国ホテル。


アタクシの席もちゃんとありました


もう、アタクシの人生では軽い感じで語ることすら出来ないぐらい大きな存在の
大学時代のバイト先の友人連中がこぞって出席。
あれから10年経って、なかなか会えなかったり、バラバラでは会えても、こうして一同に会するのが難しかったり、でもそんなことをポーンと飛び越えて、なかなかのフルメンバーが揃いました。


酒と食事ではらいっぱい


出会った頃は、この仲間とこんなに人生の長い時間を共有することになるなんて思いもしなかったなー。
大学時代、そして大学を辞めた後、
他にもいろんなバイトをしてきたけれど、
やっぱりこのバイトはアタクシの中で特別な意味を持つ場所だったんだなと改めて感じます。

一緒に出席した親友が自分のブログにも書いてたけど

10年経って、いろんなことが変わってるんだけど、
でも、何も変わってないんだよな。


それぞれに家族を持ってたり、
仕事でちょっとエラくなってたり、
住んでるところも見てる景色も今は全員違うんだけどね。
こうして集まると、そういうことがどうでもよくなる。
っていうか、
そもそも今、どんな環境で生活してるか、とか関係なくて

『20代、同じ空の下(厳密には同じ店の中)で過ごした』

っていうだけで、もう充分なんだな。このメンバーは。
その共通している部分が、凄く濃くて確固たるものだから
いつ会っても、全然ブレないんだろうな。


アタクシは、このメンバーがホントに大好き。


多分、アタクシが自由が丘好きなのは、間違いなくこの仲間から始まってるし。
あらゆる面で、アタクシという人間形成に多大な影響を与えてるよな。


いつか、
それぞれが奥さんや旦那や子供を連れて来て、
みんなで多摩川でBBQするのがアタクシの夢。

このままでいくと、アタクシは一人で出席だけどね(笑)。


二度。

去年の今頃何をやってたかなーと考えても
全然思い出せないんですけど、
去年の2月は何をやってたかなーと考えたら、一つすぐに思い出せるんです。

ヘドラの手伝いに行ってた!

“ヘドラ”というのは、鈴木区のボス・鈴木智晴氏が
何を血迷ったのか、「若手集めて公演やる!」と言い出した、鈴木区のプロデュース公演の作品タイトルの略ね。
アタクシのような心の汚れた大人の鈴木区メンバーとは180度違う、
心の清らかな初々しい若者達が
アタクシ達みたいにボスを邪険になんてしないで、
ボスをボスとしてキラキラした目で見つめながら真摯に芝居する、そんな空間です。


ちなみに、心は汚れてるけど、大人の鈴木区メンバーもちゃんと真面目にふざけてるよ!!(自分フォロー)


で、今年もその“ヘドラ”をやるんだって!
去年から引き続き出演の子もいれば、はじめましての子もいる。
劇団主宰してるアタクシ達とキャリアのほとんど変わらない(この中では)ベテランもいれば
今回が人生の初舞台!という子もいる。



てなわけで、稽古場に遊びに行って参りました。
去年は、本番の直前にちょろっと見に行っただけだったんだけどね、
今年は「稽古の最初の時期」と「終わる頃」と「本番」を見て
みんなの成長具合をしっかり見てやろうじゃないか、とエラそうな大人の振る舞いを計画してるもんでね。

去年思ったの。

まるで作品を見てない部外者なアタクシに
子犬のような目で「何かダメ出しないですか」とくっついて来る若者に
弁論垂れる程の自信がなかったアタクシは、よくある一般論で逃げたわけだけど
もうちょっと稽古見てたらちょっとは違ったかなーと。
なので、去年よりは見てみよう、とね。


結局、よくある一般論ぐらいしか出てこないという結果になるのは目に見えてるけどさ!!


アタクシは出演しませんが、
「これから芝居やってみたいなー」というアナタ(そんな人が果たしてこのブログを見てるんだろうか)にはオススメな作品ですよ。

アタクシは受付辺りでウロついている予定。





劇団東京都鈴木区プロデュース
第2回スズキクキカク公演
『ヘッドライン×デッドライン ダッシュ』



十二。

 明けましておめとうございます。


おそすぎだけどね。


年末年始は人と会いまくり飲みまくりで遊びまくり
年明けて仕事始まったら帰宅は23時とか24時とかでバタバタです。
自分が今、どこにいて、何をしてるのかわからんぐらい(笑)

ようやくこの3連休でのんびり。

大学時代の友人に会って喋り倒したり、
友人の芝居を見に行ったり
溜まりに溜まった正月番組を見たりと
それなりに忙しくはしてるけど。


昨年は、まあ、いろいろありました。
でも、生きてたらあるだろうっていう、その程度ね。
ある種、衝撃的な事件とか人生を狂わすような何かに出会ったわけではないけれど
まあ、いろいろあったかな。
仕事やめたりね。これは、個人の取捨選択の上に成り立ってるものだから。

とりあえず今のところ、少なくとも年が明けてこの約10日ぐらいは
楽しいことの連続!
まだ10日しか経ってないの?っていうぐらい中身の詰まった毎日なので、幸せだなーと思います。

アタクシは、子供もいないし
彼氏もいないし
親と同居しているわけでもないし
すごく自由で、逆を返せば何もしなければ何もないまま毎日がすぎていきます。
それは、どこか敢えて自分がそれを選んでいる部分もあって、でもどこかで「もっと自分を奮い立たせるような何かにをやりたいなあ」と日々の変化を望んでいたりもします。

今年は特に大きな目標とか目的とか作ってなくて、
野望とか抱いている訳でもなくて、
ただ、この繰り返されていく日々の中に起こる小さな出来事の一つ一つを
噛み締めながら自分の中に残していけたらいいなあーと思ってます。

例えばね、結婚でもしたり、子供でも出来たりすれば、大きな変化なんだろうけど。
それは、今は、特に必要ないかな。
あれもこれもって欲ばりながら、でも全然手に入らない、
それぐらいが、今のアタクシには分相応かな、って思ってます。

徐々に守りに入ってるなー。
昔は保守的な自分が嫌いだったから無茶もしたけど
今はそうでもないかも。
何年かしたら、また、無茶をする自分のターンがやってくる気がするから
今は穏やかに過ごすってことを楽しもうと思います。


今年も、何卒、よろしくお願いいたします!

譲想。

タイトルは「譲れない 想い」と読みます。

最近、ついてないことだらけ。
連続です。
怪我するし。仕事は決まらないし。失くしモノはするし。お金はないし(それはいつも)。
ここだけの話だけど、私よりがんばってない人が、ある面から見て、私より先に進んでるような状況を目の当たりにすることもあります。
だけど、きっとそれには意味がある。
乗り越えられる人にこそ、壁は立ちはだかるんだと。
楽をして生きられる人は、乗り越える能力がないから、最初から壁がないんだろうなーと。
そういう意味で、しんどい状況に追い込まれるのは、見込まれてるからなのかな、と勝手に思ってます。
実際は知らんけど(笑)。

なんだろうね。
多分、5年前、3年前の自分ならきっと耐えられなかったと思うんだ。
今だからこそ感じる、
今だからこそ描ける、
そういう時間と未来があるんだなーと、最近思うのです。

年かね。


何度も言ってるようだけど、
物事が、凄くシンプルに写る様になってきた。
そしてそれを、自分の勝手で且つ素直な感情で、見極められるようにもなってきた。
大切なものはきっとずっと大切で
惑わされることも凄く多いけれどね。

ムリをしないってことは
損もするけれど、いいことなのかもしれないな。
損も、するけどね。

って

うまくまとめられないや。
ニュアンスを、感じ取れる人だけ、感じ取ってくれればいいや。
そんな感じ。
それが、今の、アタクシ。


PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

今後のアタクシ

★出演いたします★
================
劇団東京都鈴木区
『ヘッドライン×デッドライン』

♯公演日時♯
2017年2月9日(水)〜12日(日)
♯場所♯
遊空間がざびぃ[西荻窪]
鈴木区のブログはこちら
================
舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace』
♯公演日時♯
2017年4月12日(水)〜16日(日)
♯場所♯
シアターサンモール[新宿]
公式サイトはこちら
================
伝書投函所よりチケットのご予約お待ちしております★

過ぎ去ったアタクシ

劇団東京都鈴木区 第1回公演
『無気力宇宙船メロディライナー55号』
脚本/長谷周作・演出/鈴木智晴
2009/6/23-24
遊空間がざびぃ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第2回公演
『The 時給探偵〜17時までの名探偵〜』
2010/1/29-30
脚本・演出 鈴木智晴
遊空間がざびぃ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第3回公演
『TOKYO RADIO CLUB〜トーキョーレディオクラブ〜』
脚本・演出 鈴木智晴
2010/12/3-5
遊空間がざびぃ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区with TEAM.よじポケ
『The 時給探偵〜消えた探偵助手〜』
脚本・演出 鈴木智晴
イベント監修 miyocco
ナゾ作家 清水文子
2011/4/9-10
遊空間がざびぃ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第4回公演
『弁護士バイロン』
脚本・演出 鈴木智晴
2011/7/28-31
遊空間がざびぃ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第5回公演
『ヒーロー ア ゴーゴー!』
脚本・演出 鈴木智晴
2012/6/20-24
シアターKASSAI
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第6回公演
『キミが、No.1☆ 〜彼は、サ、サ、サ、サイボーグ!?〜』
脚本・演出 鈴木智晴
2012/8/30-9/2
スタジオサイロ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第7回公演
『ヒーローアゴーゴー! 〜デパート屋上編&遊園地編〜』
脚本・演出 鈴木智晴
2013/3/13-24
シアターKASSAI
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第8回公演
『キミが、No.1☆』
脚本・演出 鈴木智晴
2013/7/20-21
遊空間がざびぃ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第9回公演
『いるわけないしっ!』
脚本・演出 鈴木智晴
2013/11/1-4
遊空間がざびぃ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第10回公演
『ヒーローアゴーゴー!〜デパート屋上編2014〜』
脚本・演出 鈴木智晴
<東京>2014/6/28-29
第七秘密基地
<大阪>2014/7/11-13
芸術創造館
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第11回公演
『翔べ! スペースノイド』
脚本・演出 鈴木智晴
2015/4/2-5
遊空間がざびぃ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第12回公演
『BLT 〜少女と金魚鉢〜』
脚本・演出 鈴木智晴
2015/10/29-11/3
遊空間がざびぃ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第13回公演
『Tune! 〜ラジオな二人〜』
脚本・演出 鈴木智晴
2016/4/9-10/3
座高円寺2
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
劇団東京都鈴木区 第14回公演
『ラストオーダー90分』
脚本・演出 鈴木智晴
2016/7/20-7/24
シアターKASSAI
and more maybe...

伝書投函所

有難きご来訪。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

アヒルと鴨のコインロッカー
アヒルと鴨のコインロッカー (JUGEMレビュー »)
伊坂 幸太郎
切なさ120%。

links

profile

search this site.

others